メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講座

無人料金所の対応学ぶ 聴覚障害者ら対象、高松で来月2日 高速道で導入増、不安の声 /香川

各地で導入が進む無人の料金精算機=香川県中途失聴・難聴者協会提供

 聴覚に障害のある人を対象とした高速道路での対応について学ぶ講座が6月2日、県聴覚障害者福祉センター(高松市太田上町)で開かれる。ETCとともに導入が進む無人の料金精算機の利用法や、高速道路上での緊急時の対応方法について、西日本高速道路サービス四国の担当者が講演する。

 県中途失聴・難聴者協会の主催。会員が高速道路の料金精算機を利用し、障害者割引を適用するための方法が分からなかったり、トラブルがあったりした際、インターホンを通してのコミュニケーションが取りづ…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです