メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

イラン訪問検討 現職41年ぶり、来月中旬

 安倍晋三首相は来月12~14日の日程でイランを訪問する検討に入った。米国とイランの対立が深まるなか、イラン核合意の履行継続と緊張緩和に向けた対応を同国のロウハニ大統領に直接求める構えだ。27日に予定しているトランプ米大統領との首脳会談を踏まえ、最終的に判断する。政府関係者が24日、明らかにした。

 実現すれば、現職首相の訪問としては1978年の福田赳夫氏以来41年ぶりで、79年のイラン・イスラム革命後では初めてとなる。

 首相は24日、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と首相官邸で会談。イラン情勢について意見を交わし、イラン訪問を検討していることについても伝えたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです