メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

イラン訪問検討 現職41年ぶり、来月中旬

 安倍晋三首相は来月12~14日の日程でイランを訪問する検討に入った。米国とイランの対立が深まるなか、イラン核合意の履行継続と緊張緩和に向けた対応を同国のロウハニ大統領に直接求める構えだ。27日に予定しているトランプ米大統領との首脳会談を踏まえ、最終的に判断する。政府関係者が24日、明らかにした。

 実現すれば、現職首相の訪問としては1978年の福田赳夫氏以来41年ぶりで、79年のイラン・イスラム革命後では初めてとなる。

 首相は24日、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と首相官邸で会談。イラン情勢について意…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 河井前法相・案里夫妻 潔白なら「捜査中」でも説明可能

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. 新型肺炎 中国の死者計56人に 発症者は1975人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです