メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

英首相辞任表明 離脱「氷の女王」誤算 党内外で求心力失い

 欧州連合(EU)からの離脱問題のかじ取りに失敗し、24日に辞任を表明した英国のメイ首相。政治情勢の読み違いが重なり、党内での求心力を失った。今後の焦点はEU離脱交渉の行方を左右する後継首相選びだが、国内では離脱強硬派の影響力が強まっている。経済や市民生活の混乱が予想される「合意なき離脱」の機運が高まる可能性がある。【ロンドン服部正法、ブリュッセル八田浩輔】

 「(EU離脱という)人々の選択を成就するのが(首相の)義務で、私はベストを尽くした。離脱協定に議員の支持を得るためにあらゆることを行ったが、残念ながらかなわなかった」。首相官邸前に赤のスーツ姿で現れたメイ氏は、硬い表情で辞任の意向を明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り2002文字(全文2306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 国内感染、新たに74人確認で計1万7504人 死者は6人増の計903人

  4. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  5. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです