メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西武信金

金融庁、改善命令 融資の審査体制不備 理事長辞任

記者会見で謝罪する西武信用金庫の高橋一朗・新理事長(手前)ら=東京都中央区で2019年5月24日午後5時1分、高橋祐貴撮影

 金融庁は24日、準暴力団幹部の疑いがある人物の親族へ融資していたなどとして、信金大手の西武信用金庫(東京都中野区)に信用金庫法に基づき業務改善命令を出した。反社会的勢力の排除に向けた取り組みが不十分だったことに加え、主力の投資用不動産向け融資でも審査書類の偽造を見過ごすなど問題融資が横行していたと判断。「業績優先の経営を推進するあまり、内部管理体制の整備を怠った」と指摘し改善計画の提出を求めた。

 問題の責任をとり、落合寛司理事長は同日、辞任した。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文790文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです