メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

月例経済報告 景気「緩やかに回復」維持 強まる先行き警戒感

月例経済報告関係閣僚会議に臨む安倍首相(左から2人目)ら=24日午後、首相官邸

 政府は5月の月例経済報告の景気判断を小幅な下方修正にとどめた。中国経済の減速で輸出や生産が弱まったものの、個人消費などが堅調とみているためだ。だが、米中の貿易戦争が激しさを増すなど世界経済のリスクは増しており、先行き警戒感は強まっている。

 「内需を支えるファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)はしっかりしており、景気の基調は変わっていない」。茂木敏充経済再生担当相は24日、月例経済報告の関係閣僚会議後の記者会見で、政府の景気判断に自信を見せた。

 内閣府が13日に発表した景気動向指数では、国内景気の基調判断を「悪化」に引き下げた。市場の一部では…

この記事は有料記事です。

残り1606文字(全文1881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  4. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  5. 選挙 桜井市長選で自民党県連が松井氏を推薦 /奈良

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです