妊婦加算

代替案検討 厚労省、医師の指摘受け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 妊婦が医療機関を受診すると自己負担が増える「妊婦加算」について、厚生労働省は2020年度から代替案となる新たな報酬制度を創設する検討に入った。国は新たに生じる患者負担を考慮し、公費補助も含めて調整を進めている。

 18年度から導入された妊婦加算は、妊婦に丁寧な診療を行った医療機関への報酬を上乗せする仕組み。その…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

あわせて読みたい

注目の特集