メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2019春/5止 苦難越え3世代 岸君江さん(73)

昨年生まれた孫(右)を見つめる原爆小頭症患者の岸君江さん(左)=広島県三次市で

 <時代が変わっても documentary report 250>

 車椅子に座って幼い孫娘を「よしよし」とあやしながら、声をあげて笑う。傍らには長女(43)がそっと寄り添っていた。広島県三次(みよし)市の原爆小頭症患者、岸君江さん(73)の頬は緩みっぱなし。3世代を幸せな空気が包む。

 昨年6月、長女に第1子となる女の子が生まれた。今は入所先の施設に2人が会いに来てくれるのを何より楽しみにしている。

 岸さんは母親の胎内で浴びた原爆放射線の影響による病気や障害と、それに伴う偏見に苦しんできた。200…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  4. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです