メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

栃ノ心、遠い10勝目 朝乃山、2敗守る

朝乃山(手前)に押し込まれ、土俵際で必死に回り込むが寄り切りで敗れた栃ノ心=東京・両国国技館で2019年5月24日、藤井太郎撮影

 2敗を守った平幕の朝乃山が、再び優勝争いの単独トップに立った。朝乃山は関脇・栃ノ心を一気の寄りで破った。栃ノ心は大関に復帰できる2桁勝利に王手をかけてから3連敗で4敗目。横綱・鶴竜は大関・高安に押し出しで敗れ、3敗に後退した。

 14日目に朝乃山が大関・豪栄道に勝って2敗を守り、鶴竜が栃ノ心に敗れて4敗になると、朝乃山の初優勝が決定する。また、栃ノ心は来場所の大関復帰が決まる。

 新入幕の志摩ノ海が琴恵光を寄り切り、勝ち越しを決めた。同じく新入幕の炎鵬は明生との投げの打ち合いに敗れ、7勝した後、4連敗。

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです