メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

栃ノ心、遠い10勝目 朝乃山、2敗守る

朝乃山(手前)に押し込まれ、土俵際で必死に回り込むが寄り切りで敗れた栃ノ心=東京・両国国技館で2019年5月24日、藤井太郎撮影

13日目(24日・両国国技館)

 2敗を守った平幕の朝乃山が、再び優勝争いの単独トップに立った。朝乃山は関脇・栃ノ心を一気の寄りで破った。栃ノ心は大関に復帰できる2桁勝利に王手をかけてから3連敗で4敗目。横綱・鶴竜は大関・高安に押し出しで敗れ、3敗に後退した。

 14日目に朝乃山が大関・豪栄道に勝って2敗を守り、鶴竜が栃ノ心に敗れて4敗になると、朝乃山の初優勝が決定する。また、栃ノ心は来場所の大関復帰が決まる。

 新入幕の志摩ノ海が琴恵光を寄り切り、勝ち越しを決めた。同じく新入幕の炎鵬は明生との投げの打ち合いに敗れ、7勝した後、4連敗。

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです