メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

南米選手権 森保J、23人発表 初招集13人

 日本サッカー協会は24日、招待参加の南米選手権(6月14日開幕、ブラジル)に臨む日本代表23人を発表した。6月の国際親善試合のフル代表に入ったばかりの17歳のMF久保建英(FC東京)らが選ばれた。

 初代表は13人。唯一大学生からの選出となったFW上田綺世(あやせ)=法大=をはじめ、18人が東京五輪世代と若手主体だ。国際親善試合との重複選手はGK川島永嗣(ストラスブール)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、FW岡崎慎司(レスター)ら9人。

 森保一監督は記者会見で「若い選手が素晴らしい大会に出ることで成長につながり、来年の東京五輪にもプラスになる。今後のワールドカップ予選、東京五輪での成果につなげていければ」と話した。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです