連載

遊戯三昧

元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんのコラム。タイトルは厳しい環境でも自分がすることを楽しむという意味の禅の言葉です。

連載一覧

遊戯三昧

トップにいる緊張感=杉山愛

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <遊戯三昧(ゆげざんまい)>

 テニスには、その地位に立たなければ分からないことがある。女子の大坂なおみ選手には世界ランキング1位でい続けたいという執着心が表れている。

 1月の全豪オープンで優勝して以降、大坂選手はツアー大会で一度も決勝に進んでいない。しかし、それは世界ナンバーワンに定着するためのプロセスを踏んでいる証拠で、悲観する結果ではない。

 現在はクレー(赤土)コートシーズンを迎えているが、フットワークは昨年よりも良くなっている印象がある。全豪や全米オープンのようなハードコートに比べてクレーは得意ではないが、スピン(回転)の利いた深いショットでペースを保ちつつ、試合を作っている姿に成長を感じた。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文840文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集