丸山衆院議員

診断書提出 議運委に「2カ月休養必要」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
丸山穂高衆院議員
丸山穂高衆院議員

 北方領土を戦争で奪還する趣旨の発言をし、議員辞職勧告決議案などが出されている丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=は24日、高市早苗衆院議院運営委員長に対し、「2カ月の休養が必要」とする23日付の医師の診断書を提出した。丸山氏は出席を求められていた24日の議運委理事会を欠席した。

 病名に関しては、丸山氏側から議運委に「医師から『できれば公表しない方がいい』と言われている」と伝えられ、公表されていない。議運委は、高市氏と与野党筆頭理事の少数での聴取が可能か丸山氏…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集