メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熱中症対策

長い休憩、水分補給を 専門家にきく

三宅康史・帝京大教授

 帝京大病院(東京)・高度救命救急センター長の三宅康史教授に、熱中症にならないための注意点などを聞いた。

 今の時期に熱中症になるのは昼間に屋外で肉体労働やスポーツをする人、学校行事で活動中の人が多い。暑くなると予想される期間にスポーツや出掛ける予定がある人は、しっかりと熱中症対策を。これまで以上に長い休憩を入れ、日陰ではなく、エアコンの利いた屋内や車内で体を冷やし、水分…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです