メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊一時金、初認定 北海道と宮城の5人

 厚生労働省は24日、旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたとして被害者救済法に基づき一時金320万円の支払いを求めた北海道と宮城県の60~80代の女性5人に対し、手術記録が確認されたことを理由に支給を決定した。4月下旬の救済法施行後、都道府県に支払い請求のあった89件のうち初の被害認定。国家賠償請求訴訟を起こした原告の弁護団も、救済法の内容に不満を示しつつ、“スピード救済”を評価する。【源馬のぞみ、高橋由衣、遠藤大志】

 国の統計では、北海道2593人、宮城県1406人と強制手術の件数が突出して多く、一時金の請求件数もそれぞれ16件、13件と全体の3割強。今回認定された5人は、北海道3人、宮城県2人で、60代3人、70代と80代が各1人だ。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  2. 「僕たちは世界を変えることができない」 原作医師がパレスチナにマスクを送る理由

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです