メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待

止められぬ母 夫から暴力「歯が立たない」 防止法改正案、衆院委で可決

「元夫から人格を否定され続けて、何が正しいか判断できなくなっていた」と振り返る女性=東京都内で、藤沢美由紀撮影

 児童虐待防止対策の関連法案は24日、衆院厚生労働委員会で、修正案が全会一致で可決され、今国会で成立する見通しとなった。児童虐待はドメスティックバイオレンス(DV)と密接な関係があるとされ、1月に千葉県野田市で栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が虐待死した事件でも、起訴された母親が公判で夫からDVを受けていたことを明かした。娘とともに元夫の暴力を受け続けた東京都の50代女性は、「助けを呼べなかったのではないか」と思いやり、早期支援の重要性を訴える。【原田啓之、村田拓也】

 女性が自宅を飛び出したのは、15年前の秋だった。外出先から帰宅すると、酔った夫が「皆殺しだ」とわめ…

この記事は有料記事です。

残り1588文字(全文1875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです