メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

山肌さらす国有林 再造林、林野庁「全国データなし」

 全国の国有林で最長50年間、数百ヘクタールの伐採・販売権を民間業者に与える国有林野管理経営法改正案が国会で審議されている。現行ルールによるわずか9ヘクタールの伐採地ですら、再造林がはかどらず、山肌をさらしていた。政府は伐採後に森林を再生させると説明するが、本当に可能なのか。【寺田剛、田中裕之】

群馬、伐採後の現場は

 ミズバショウが群生する「尾瀬ケ原」の玄関口として知られる群馬県沼田市利根町。集落を抜け、林道を1キロほど進むと「砂利の降る山」がある。樹木をすべて切って山を丸裸にする皆伐が行われた国有林だ。植え直し(再造林)がうまくいかず、強風が吹くと小石や土が急斜面を転がり落ちる。

 利根町の国有林を管轄する林野庁関東森林管理局利根沼田森林管理署(沼田市)によると、スギやカラマツな…

この記事は有料記事です。

残り2841文字(全文3184文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです