メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「運動会」といえば…「春」それとも「秋」 地域差くっきり

「秋」に開催された横浜市立小学校の運動会=横浜市南区で2018年10月13日午前9時26分、水戸健一撮影

 今週末をはじめ、この時期に運動会を開く小学校が少なくない。しかし、運動会といえば秋のイメージも根強い。専門家の調査によれば、初夏を含む春に開催する学校の方が若干多いものの、地域によっては秋開催が優勢だ。なぜ分かれるのか。

 7月以前の「春」開催が54・3%、8月以降の「秋」開催が45・7%――。大同大(名古屋市)の渡辺慎一教授と名城大(同)の石井仁教授が2013~15年、ホームページで運動会の開催日を公開している小学校1万620校(全小学校のほぼ半数)を調べたところ、こんな結果が出た。

 都道府県別にみると、地域差がくっきりと表れた。春に開催する学校の割合が90%を超えたのは北海道と青森、岩手、宮城、秋田、福島、新潟の6県。一方で群馬、山梨、滋賀、愛媛、宮崎、鹿児島、沖縄の7県は秋開催の割合が90%を超えた。「北日本は春派」との傾向がうかがえるものの、山形県は春開催(36%)よりも秋開催(64%)の方が多いので一概には言えない。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです