メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和フィーバー考

なぜ若者たちはカウントダウンしたのか 藤本耕平さん

スクランブル交差点で新元号「令和」を祝う人たち=東京都渋谷区で2019年5月1日午前0時19分、宮武祐希撮影

 令和に元号が変わった時、東京・渋谷や大阪・道頓堀などでは若者が大挙してカウントダウンをした。上の世代には「また大騒ぎして……」と眉をひそめる人も少なくなかったのではないか。44歳の記者も実はその一人だ。しかし、若者の消費動向などに詳しい藤本耕平さん(39)は「理由がある」と言う。インタビューを進めると、今の若者像がうっすらと見えてきた。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2654文字(全文2843文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです