被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
重機でT字形に掘削された地表面。さらに30センチ以上掘り下げると遺構があるとみられる=広島市中区中島町の平和記念公園で2019年5月24日午後3時8分、小山美砂撮影
重機でT字形に掘削された地表面。さらに30センチ以上掘り下げると遺構があるとみられる=広島市中区中島町の平和記念公園で2019年5月24日午後3時8分、小山美砂撮影

 原爆が投下されるまで繁華街だった広島市の中島地区(現広島市中区中島町)の地下に眠る被爆遺構の保存と展示を目指し、広島市は24日、平和記念公園内で本格的な発掘作業を始めた。7月末までに調査を終えて被爆者や専門家でつくる有識者懇談会に報告し、2020年度にも公開する方針。

 原爆資料館東館の北側にある緑地帯で重機を用い、約25平方メートルを30センチ程度掘り下げた。かつては「天神町筋」…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集