メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウミガメの卵、見つけた 高知の海岸で105個

見つかったアカウミガメの卵を袋に入れ、ふ化場に移す熊沢佳範会長(右)=高知市のふ化場で2019年5月24日午前6時14分、郡悠介撮影

 アカウミガメの産卵の跡が24日早朝、高知市春野町甲殿の海岸で確認された。NPO法人「日本ウミガメ協議会」(大阪府)によると、県内で確認された今年初めてのウミガメの産卵となる。発見した地元住民らは「これからもたくさんの卵を産みにきてほしい」と喜んでいる。【郡悠介】

 卵を見つけたのは、付近でウミガメの保護活動に取り組む「春野の自然を守る会」の熊沢佳範会長(75)=高知市春野町東諸木=と高知大の学生たち。24日午前5時ごろ、パトロール中にアカウミガメが上陸した痕跡を発見。付近を調べたところ、大きさ約4センチ、重さ約30グラムの卵105個が見つ…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 大阪で新たに326人感染 死者は12人で1日当たり過去最多 新型コロナ

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. 大阪市北区、中央区で時短要請 対象2万5000店 15日間応じた店に協力金

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです