メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

2019第10日 体育大出身・吉開さんの短編「Grand Bouquet」上映

監督週間で上映された短編作品「Grand Bouquet」を監督した吉開菜央さん(右)と出演しているハンナ・チャンさん=フランス・カンヌで2019年5月23日、小林祥晃撮影

 今年のカンヌ国際映画祭は、曇りや雨の日が多かったのですが、10日目の23日は、まさに 「C’est Cannes!(これがカンヌだ!)」というような強い日差しと青空が戻ってきました。

 この日は「監督週間」の短編部門で、日本人の吉開菜央さん(31)が監督した短編「Grand Bouquet」の上映がありました。吉開さんはまだ若い映像作家ですが、ダンサー、振付師としての顔も持っています。シンガー・ソングライター、米津玄師さんのヒット曲「Lemon」のミュージックビデオで、全編にわたってダンスをしている女性と言えば「ああ、あの人か!」と思う人も少なくないのではないでしょうか。

 吉開さんは山口県出身。日本女子体育大で舞踊学を専攻している頃、ダンスの映像を撮り始めたのがきっかけで映画に興味を持ち、卒業後、東京芸大大学院映像研究科に入学したというユニークな経歴の持ち主です。

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです