メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ競技者はゲーム依存症にならないのか

大会に向けて練習をするeスポーツ部員たち=名古屋市の城北つばさ高で2019年5月9日午後3時37分、小川祐希撮影

 対戦型のゲームで勝敗を決める「eスポーツ」は、アジア・オリンピック評議会が主催する昨年のジャカルタ・アジア大会で初めて公開競技に採用され「将来は五輪種目に」との声もある。若者に絶大な人気を誇るeスポーツの興隆はゲームの概念そのものも変えつつあるが、競技者が依存症に陥る危険はないのだろうか。

 「勝ちに行くぞ!」。単位制定時制の愛知県立城北つばさ高(名古屋市)のeスポーツ部の部室に、徳田信忠部長(3年)の声が響いた。5月中旬からの大会に向けた練習で、4人の部員もそれぞれパソコンに向かい操作を始めた。プレーするのは5人対5人で陣取りをする「リーグ・オブ・レジェンド」だ。

 eスポーツ部は「生徒の活躍の場になる」という金子悟校長の提案で、昨年9月に創設された。昨年から始まった「全国高校eスポーツ選手権」を毎日新聞社と共に主催するIT企業「サードウェーブ」によると、少なくとも約100の高校が部活動で取り組んでいるという。

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです