メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WHOの疾病認定 「その他」から「ゲーム障害」として専門的治療可能に

WHOの「ゲーム障害」診断ガイドライン概要

 世界保健機関(WHO)が25日、最新版の国際疾病分類で依存症の一つに位置付けた「ゲーム障害」。WHOがゲーム障害を精神疾患の一つに加えると、何が変わるのか。

 日本で保険診療を受ける場合、医師はWHOの国際疾病分類に準じた分類表に沿って病名を当てはめ、認められている検査や薬の処方をする。これまでも「ネット・ゲーム依存外来」などを掲げる医療機関はあったが、厚労省の精神・障害保健課によると、疾病分類上は精神疾患の「その他」の枠…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです