メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

2019第11日 「おれのパルムドール」談議に聞き耳 評判が良かったのは…

カンヌの市街地の飲食店街。多くの店が外にテーブルを並べている。午後8時を過ぎているが、この明るさ=フランス・カンヌで2019年5月24日、小林祥晃撮影

 24日のカンヌも、青空が見える1日でした。カンヌ国際映画祭は11日目を迎え、あと1日を残すのみとなりました。コンペティション部門の21作品はこの日ですべて上映が終了し、25日の授賞式を待つだけとなります。

 緯度の高いカンヌでは、この時期の日没は日本よりもはるかに遅くなります。午後8時半ごろまで空は明るく、夕方のような感覚です。午後9時ごろになるとようやく、空が群青色を濃くしていきます。暑くもなく寒くもない、ちょうどいい陽気で、町のカフェやレストランは路上にテーブルを出し、多くの人が暮れていくカンヌの街並みを眺めながらワインを楽しみます。

 コンペティション部門は連日、午前0時ごろまで試写が続いていたため、私たちはなかなかカンヌの夜を楽しむことができませんでした。しかしこの日は午後9時過ぎまでには全ての作品の上映が終わったため、多くの記者たちが町に繰り出し、あちこちでパルムドール予想を繰り広げています。今日は私もワインを傾けながら「おれのパルムドール」談議に聞き耳を立てました。

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子は九州学院、女子は千原台が優勝 高校駅伝・熊本予選

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです