ソフトバンク 元MLBドラフト1巡右腕と異例ずくめ7億円契約 新ルートになり得るか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 昨年の米大リーグのドラフト会議でブレーブスから1巡目指名を受けた19歳右腕のカーター・スチュワート投手(東フロリダ州立短大)がソフトバンクと契約合意したとされ、注目を集めている。米メディアは「ドラフトのトップ10で指名された後に日本に行くことは普通、成功とは解釈されない。それをスチュワートは覆そうとしている」などと報道。米球界の有望株がプロ野球入りすれば、異例だが、スチュワート、ソフトバンク両者にとってのメリットは――。

 スチュワートは昨年、ドラフトで指名を受けた後の身体検査で手首に問題があると判明した。米メディアによると、当初契約金は400万ドル(約4億3800万円)とみられていたが、200万ドル程度に抑えられ、入団交渉は決裂。ソフトバンクの条件は6年総額700万ドルとされ、米球界を選択するよりも好条件になるという。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文797文字)

あわせて読みたい

ニュース特集