メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

珍しい双子同場所V 貴源治初の十両優勝 兄・貴ノ富士も前日幕下優勝

大翔丸(左)を寄り切りで降した貴源治=東京・両国国技館で2019年5月25日、宮間俊樹撮影

 大相撲夏場所で25日、栃木県小山市出身の東十両2枚目・貴源治関(22)=千賀ノ浦部屋=が大翔丸を寄り切って13勝1敗とし、初の十両優勝を決めた。貴源治関は「ようやくだった。(来場所は)自分の時代に持って行けるよう頑張る」と話した。兄で西幕下2枚目・貴ノ富士さん(22)=同=も24日に幕下優勝を決めており、珍しい「双子同場所優勝」。次の7月の名古屋場所で、貴源治関は新入幕、貴ノ富士さんも3回目の十両昇進を確実にした。

 貴源治関は土俵に上がる前に優勝が決まっていたが、「目の前の取組を取り切るだけ」と、落ち着いて白星を…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文888文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 「反社会的勢力を排除」吉本が異例の「決意表明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです