メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

珍しい双子同場所V 貴源治初の十両優勝 兄・貴ノ富士も前日幕下優勝

大翔丸(左)を寄り切りで降した貴源治=東京・両国国技館で2019年5月25日、宮間俊樹撮影

 大相撲夏場所で25日、栃木県小山市出身の東十両2枚目・貴源治関(22)=千賀ノ浦部屋=が大翔丸を寄り切って13勝1敗とし、初の十両優勝を決めた。貴源治関は「ようやくだった。(来場所は)自分の時代に持って行けるよう頑張る」と話した。兄で西幕下2枚目・貴ノ富士さん(22)=同=も24日に幕下優勝を決めており、珍しい「双子同場所優勝」。次の7月の名古屋場所で、貴源治関は新入幕、貴ノ富士さんも3回目の十両昇進を確実にした。

 貴源治関は土俵に上がる前に優勝が決まっていたが、「目の前の取組を取り切るだけ」と、落ち着いて白星を…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. ORICON NEWS 日本マクドナルド、史上初の『ごはんバーガー』3種誕生 人気メニューを“ごはん”でサンド

  3. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  4. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです