メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

夏場所優勝を決め、母の石橋佳美さん(右)と父の靖さん(左)と握手して喜ぶ朝乃山=東京都墨田区で2019年5月25日午後7時1分、宮武祐希撮影

 亡き恩師にささげる優勝だった。大相撲夏場所14日目の25日、平幕・朝乃山(25)=本名・石橋広暉、高砂部屋=が幕内初優勝を果たした。令和初の本場所での快進撃。その胸中には、2年前に40歳の若さで死去し、しこ名の由来となった富山商高の恩師、浦山英樹さんの教えがあった。朝乃山は「いつも見守って応援してくれていると思う。『優勝した』と伝えたい」と思いを語った。

 朝乃山は富山市出身。187センチ、177キロの体格を生かした四つ相撲が持ち味の本格派だ。小学4年で相撲を始め、同高相撲部監督の浦山さんのもと、力士としての土台を築いた。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文910文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. 新たに34人の感染確認、1万7580人に 死者911人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです