メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」

朝乃山(右)が豪栄道を寄り切りで破る=東京・両国国技館で2019年5月25日、宮間俊樹撮影

 優勝が決まっても朝乃山の表情は緩まなかった。支度部屋に戻っても時折、笑みは浮かべるものの「まだ実感はないです」。初土俵から3年余りでの快挙に涙はなかった。

 大関・豪栄道に完勝した。立ち合いで左上手を許したが、得意の右を何とかねじ込んだ。ここからが力強い。左から豪栄道の肘を絞って上体を起こして寄る理詰めの攻め。さらに左上手も取ると大関の投げもこらえ、最後は両まわしを引きつけ勝負を決めた。「今までは右から寄って出てすくわれて…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. 新たに34人の感染確認、1万7580人に 死者911人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです