メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富山出身力士は大正以来の優勝 朝乃山の快挙に地元は大騒ぎ

朝乃山の初優勝が決まった瞬間、歓声を上げる地元の住民ら=富山市呉羽貴船巻の貴船巻公民館で2019年5月25日午後5時54分、高良駿輔撮影

 25日の大相撲夏場所で、平幕優勝を果たした朝乃山(25)=本名・石橋広暉。富山県出身力士として103年ぶりという優勝に、地元・富山市で取組を見守った知人やファンらも歓喜に沸いた。

 出身地の同市呉羽地区にある貴船巻公民館には、朝乃山が十両だった頃から場所中は連日、住民らが集まり、テレビの前で声援を送ってきた。この日…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです