メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千秋楽の取組発表遅れる 優勝決まらぬ可能性を考慮

大相撲夏場所14日目、大入り満員の両国国技館=東京都墨田区で2019年5月25日、藤井太郎撮影

 日本相撲協会の審判部は夏場所14日目の25日、千秋楽の幕内取組発表を打ち出し後に遅らせた。通常、千秋楽の幕内取組は八百長防止の狙いで14日目の幕内取組中に発表される。阿武松審判部長(元関脇・益荒雄)は「良い取組を決めるため」と説明した。東京場所を担当する尾車事業部長(元大関・琴風)は「ファンにとっ…

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです