特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

2016年創設のクラブが出場37回の強豪・西濃運輸を撃破

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
都市対抗野球東海2次予選。西濃運輸を相手に1失点完投した山岸ロジスターズの杉山京吾=岡崎市民球場で2019年5月25日午後0時48分、鈴木英世撮影
都市対抗野球東海2次予選。西濃運輸を相手に1失点完投した山岸ロジスターズの杉山京吾=岡崎市民球場で2019年5月25日午後0時48分、鈴木英世撮影

 ○山岸ロジスターズ3―1西濃運輸●

 第90回都市対抗野球大会の東海2次予選は25日、愛知・岡崎市民球場で第3代表決定トーナメント1回戦があり、山岸ロジスターズが西濃運輸に競り勝った。

 2016年創立のクラブチームが、本大会37回出場、14年には優勝している強豪・西濃運輸を破った。山岸ロジスターズにとっては企業チームからの公式戦初勝利だ。

 その原動力となったのは静岡・飛龍高出身の3年目、20歳左腕・杉山。速球は130キロ前後だったが、80キロ台の変化球も交えて速いテンポで投げ込む。初安打された六回に1点を失ったが、最後まで投げ切った。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文477文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする