メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外森保J、無念のドローで決勝T逃す 久保弾は幻に

石坂浩二“初主演”恥ずかしいも「この作品は素晴らしい」(スポニチ)

 俳優の石坂浩二(77)が24日、都内で行われたアニメ映画「歎異抄(たんにしょう)をひらく」の公開初日舞台あいさつに出席した。

     浄土真宗の宗祖とされる実在の宗教家・親鸞(しんらん)の声を演じており、劇場版のアニメでは初めての主演となる。「歎異抄は、実は弟子が親鸞の教えを正しく伝えるため書いたもの。主役と言われると、親鸞と一緒に恥ずかしくなる」と謙遜しつつ「親鸞は仏教の神髄をわしづかみにしていた方。この作品は素晴らしい」と自信を口にした。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    2. 男性2人刺され死亡 逃げた男を警察が確保 名古屋
    3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
    4. 芸能界と反社会的勢力 根深い関係、どう断ち切る 吉本「闇営業」問題
    5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです