メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

キレイにしたつもりがキズだらけ! クルマ好きがやりがちな洗車時のNG行為7選

情報提供:カートップ

キレイにしたつもりがキズだらけ! クルマ好きがやりがちな洗車時のNG行為7選

ワックスを円を描くようにしてかけるのは傷の原因となる

 なんでもやればいいというものではない、というのはひとつの真理。洗車などのボディケアにもそれは当てはまって、やればやるほどキズがついたりすることもあるので要注意だ。今回は洗車にときに注意すべきポイントを紹介しよう。

1)洗車でいきなりこするのはNG

 カーシャンプーを泡立てるのは超基本。泡がクッションなってキズを防止してくれるからなのだが、とはいえファーストタッチは泡があまりない状態なので、いきなりこすり始めるとキズがつく。さらに砂などの大粒の汚れが付着していると、さすがにいくら泡立ててもダメ。そういう場合は、一度全体に水をかけて予洗いをするなどの配慮が必要。一切触れないのがボディの状態を保つには最善だと言われるほど。

洗車

2)ワックスをクルクルと円のようにかけるのはNG

 最近は液体のお手軽コーティングが主流になっているので、昔の固形みたいな円でクルクルとかけるというのはあまり見かけなくなったが、それでも洗車場で見ているといまでも使っている人はいる。これ、やった感はあるのだが、まず円キズの原因になる。また塗り重なる部分が非常に多くなり、ワックスがけで御法度の厚塗りとなり、最終的にムラの原因になってしまう。縦横、直線で動かすのが正解だ。もしキズがついても直線のほうが目立たないし、バフで磨く際も落としやすい。円だとバフの回転と同調して落としにくいのだ。

洗車

3)ホイールを先に洗うのはNG

 シャンプーがけのときになんとなくホイールから始める人は多い。基本は「ルーフから下へ」なのだが、目についたところから洗い出すのが人間の傾向。ホイールはブレーキダストで汚れていて、これを先に洗うとスポンジにダストが入り込み、塗装をキズ付けてしまう。ボディの下端(サイドのプレスラインより下)も同様で、最後に洗うか、専用のスポンジを用意しておこう。

洗車

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです