メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉コレがスゴい

渋沢栄一 「年史」に見る進取の精神 晩年は貧困救済に尽力 /埼玉

上皇ご夫妻(当時は天皇皇后両陛下)が一昨年9月に「渋沢栄一記念館」を訪問された際、「青い目の人形」の受け入れ事業などについて説明があったという=埼玉県深谷市で(代表撮影)

 新1万円札の「顔」となることが決まった渋沢栄一が、県の三偉人の一人であることは知られている。明治期から多くの事業を起こし「日本近代経済の父」などと呼ばれていることも。だが、実際に渋沢栄一の何がどうスゴいのか。座右の書とした「論語」のように、その内容があまりに多岐に及ぶため「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」(これも論語)に映るのだろうか。否、渋沢が育んだ企業や団体の「年史」などを読むと、改めてその偉大さの一端が垣間見える。【松下英志】

 渋沢の代名詞とも言える講演録「論語と算盤(そろばん)」はプロ野球北海道日本ハムファイターズの栗山英…

この記事は有料記事です。

残り1346文字(全文1615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです