連載

ひと・ちば

千葉県内で活躍する「あの人」にインタビュー。悩みや楽しみ、展望を聞きました。

連載一覧

ひと・ちば

市民団体代表 楠本慶彦さん(31) /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
楠本慶彦さん
楠本慶彦さん

夢かなえ、できる街に

 やりたいことが実現できず、くすぶった気持ちだけが心に残っている。そんな普通の人たちの夢をかなえ、アニメや演劇などのイベントで街も盛り上げる柏市の市民団体「できる街プロジェクト」の代表兼プロデューサー。設立から3年半がたち、プロジェクトにかかわる人は100人以上に増え、認知度も上がった。「活動に信頼を得て、価値があると評価してもらいもう1歩2歩と進めたい」と前を見据える。

 日立製作所の放射線技師。入社数年後、「今しかできない新しいことに挑戦したい」との思いが募り、2015年、脚本家や漫画家、音楽家らと団体を設立。柏の通りや名所が登場するご当地アニメ「超普通都市カシワ伝説」を制作し、ユーチューブで公開した。すると、アニメの舞台をファンが訪れる「聖地巡礼」で注目されるなど大きな反響があり、翌年以降は市関連の補助金を受け、軌道に。昨年は夢をかなえたい人に行政の橋渡しやス…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文825文字)

あわせて読みたい

注目の特集