メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 多文化理解と日本社会語る 茨城でイベント /東京

異なる文化の間を行き来した経験を語る(左から)劉セイラさん、ライトナー・カトリン・友海子さん、星野ルネさん、トラン・ゴック・フックさんの4人=茨城県つくば市で

 公益社団法人「日本語教育学会」が企画したトークセッション「『+日本語』の人生をたずねて-境界を生き、境界をほぐす4人の物語」が25日、茨城県つくば市で開かれた。世界各国から来日し、さまざまなルーツを持つ4人が、日本社会の特色や多文化間を行き来した経験を語った。

 中国出身の声優、劉(りゅう)セイラさんはアニメに魅せられて日本語を学び、日中両国で活躍。「例えば中国人はピンポン(卓球)できるとか固定観念があるかもしれないが、消しましょう。実際に話して感じたことを大切にして」と呼…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです