メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 多文化理解と日本社会語る 茨城でイベント /東京

異なる文化の間を行き来した経験を語る(左から)劉セイラさん、ライトナー・カトリン・友海子さん、星野ルネさん、トラン・ゴック・フックさんの4人=茨城県つくば市で

 公益社団法人「日本語教育学会」が企画したトークセッション「『+日本語』の人生をたずねて-境界を生き、境界をほぐす4人の物語」が25日、茨城県つくば市で開かれた。世界各国から来日し、さまざまなルーツを持つ4人が、日本社会の特色や多文化間を行き来した経験を語った。

 中国出身の声優、劉(りゅう)セイラさんはアニメに魅せられて日本語を学び、日中両国で活躍。「例えば中国人はピンポン(卓球)できるとか固定観念があるかもしれないが、消しましょう。実際に話して感じたことを大切にして」と呼…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 海王星に猛毒青酸ガスの帯 赤道付近の上空 東大研究チームなど発見

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 宇宙新時代 スター・ウォーズが現実に? 衛星破壊、ISS無断接近…戦闘領域化する宇宙

  5. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです