メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぐるっと首都圏・旅する・みつける

茨城・美浦村 陸平貝塚 住民が守った縄文の息吹 /東京

貝塚の堆積状態が一目で分かる「貝層の剥ぎ取り断面」。堆積物には土器の一部も含まれている=茨城県美浦村土浦の美浦村文化財センターで

積雪のよう 無数の貝殻

 日本人の手によって初めて発掘調査された遺跡が、茨城県南東部に広がる湖「霞ケ浦」の近くにある。縄文時代の貝塚遺跡「陸平(おかだいら)貝塚」(同県美浦(みほ)村)だ。貝塚周辺を散策すると、無数の白い貝殻を見ることができ、縄文の息吹を感じた。この貴重な遺跡の保全の陰には、地域住民による息の長い取り組みがあった。【庭木茂視】

 陸平貝塚には、台地の斜面に大小八つの貝塚群が点在する。長さ100メートル以上、幅約50メートルの広…

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文1690文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです