メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民泊

古民家再生ホテル 御嵩町が滞在型施設オープン 里山暮らし、農業体験も /岐阜

「コミンカホテル四季の家」の開所式でテープカットする渡辺公夫町長(右から2人目)ら=岐阜県御嵩町津橋で

 御嵩町津橋地区で古民家を再生した民泊施設「コミンカホテル 四季の家」がオープンした。近くには旧中山道の歴史街道や小川があり、四季の自然に親しめる滞在型施設として里山暮らしや農業体験ができる。【立松勝】

 開所式で渡辺公夫町長は「古民家を活用した町最初の事業。農業を目指す人や若者に利用してもらいたい」と話した。

 築約130年の古民家を御嵩町が洋式ホテル風の宿泊施設に改修。2階建てで、床面積は約195平方メート…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文550文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです