メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日本 南アに敗れ、準決勝進出ならず
関西電力

台風被害、復旧迅速に 技能研修会で正確性競う /和歌山

高所作業車で倒木に見立てた黒いプラスチック管を撤去する作業員=和歌山市毛見の訓練場で、後藤奈緒撮影

 台風被害後の復旧作業を想定して、関西電力は23日、和歌山市毛見の訓練場で、技能研修会を実施した。和歌山、橋本、田辺、新宮の各配電営業所から1チームずつが参加し、復旧作業のスピードや正確性などを競った。

 昨年9月の台風21号では、県内の延べ34万5000軒が停電。倒木による断線や道路の通行止めもあっ…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです