メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌る?紀になる!

築いた能楽、伝え続ける 「小林観諷会」100年 貴重な屏風も展示 /和歌山

能楽を披露する小林慶三さん(前列右)=和歌山市小松原通1の県民文化会館で、砂押健太撮影

 和歌山市吹上の観世流能楽師、小林慶三さん(87)が主宰する「小林観諷会(かんぷうかい)」が、今年で設立から100年目を迎えた。4月7日には記念公演が県民文化会館(同市小松原通1)で開かれ、能楽ファンなどが詰めかけた。過去の演目などを張り付けた貴重な屏風(びょうぶ)も展示された。【砂押健太】

 小林観諷会は父・憲太郎さんが1920(大正9)年に設立し、昭和、平成と和歌山の能楽文化を築いてきた。小林さんは憲太郎さんから手ほどきを受け、幼少の頃から舞台に立った。大阪市大を卒業して一般企業に就職したが、すぐに体を壊して休職。これをきっかけに能楽の道に戻った。京都の名家・片山家で5年ほど修行した後に独立し、77年に憲太郎さんが亡くなるまで、二人三脚で同会をもり立ててきた。

 現在は観諷会の会員との稽古(けいこ)の傍ら、能楽のワークショップを開き、4歳から高校生までの子ども…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです