メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

情報共有アプリ考案、難病女性(その1) 車椅子はどこへでも

夫の洋一さん(左端)らと中華街を散策する織田友理子さん(中央手前)=横浜市中区で、丸山博撮影

 歴史的な建物やイチョウ並木が美しい横浜港近くの「日本大通り」。その一角にあるビルの一室に4月初旬の土曜日、車椅子に乗った人や付き添いの人たち約60人が集まった。「おはようございまーす。お越しいただきありがとうございます。初めて参加される方は?」。壇上から、電動車椅子の女性が明るく澄んだ声で語りかけた。

 この日は、施設や店にある段差、スロープ、エレベーターなどの情報を共有できるスマートフォン用アプリ「みんなでつくるバリアフリーマップ WheeLog!(ウィーログ)」を使った街歩きイベントが企画されていた。壇上の女性はアプリの考案者で、運営する一般社団法人代表の織田友理子さん(39)=千葉県船橋市。夫の洋一さん(38)とともに参加した。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです