メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

情報共有アプリ考案、難病女性(その1) 車椅子はどこへでも

夫の洋一さん(左端)らと中華街を散策する織田友理子さん(中央手前)=横浜市中区で、丸山博撮影

 歴史的な建物やイチョウ並木が美しい横浜港近くの「日本大通り」。その一角にあるビルの一室に4月初旬の土曜日、車椅子に乗った人や付き添いの人たち約60人が集まった。「おはようございまーす。お越しいただきありがとうございます。初めて参加される方は?」。壇上から、電動車椅子の女性が明るく澄んだ声で語りかけた。

 この日は、施設や店にある段差、スロープ、エレベーターなどの情報を共有できるスマートフォン用アプリ「…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文739文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです