メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

情報共有アプリ考案、難病女性(その1) 車椅子はどこへでも

夫の洋一さん(左端)らと中華街を散策する織田友理子さん(中央手前)=横浜市中区で、丸山博撮影

 歴史的な建物やイチョウ並木が美しい横浜港近くの「日本大通り」。その一角にあるビルの一室に4月初旬の土曜日、車椅子に乗った人や付き添いの人たち約60人が集まった。「おはようございまーす。お越しいただきありがとうございます。初めて参加される方は?」。壇上から、電動車椅子の女性が明るく澄んだ声で語りかけた。

 この日は、施設や店にある段差、スロープ、エレベーターなどの情報を共有できるスマートフォン用アプリ「…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文739文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです