メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

少子化と放漫財政 平成日本の認識力劣化=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

=宮間俊樹撮影

 生身の歩行者の列に、鋼鉄製の車がノーブレーキで突っ込む。その恐ろしさと理不尽さを被害者側から見れば、理由がテロでも過失でも違いはないだろう。東京・池袋での事故の加害者は「ブレーキが利かなかった」と説明していると伝えられたが、警察の調べでは車に異常はなかったという。今後の捜査次第だが、実際には「間違えてアクセルを踏んだ」など、加害者の説明と異なる現実があったのではないか。

 本人の認識と現実が食い違うのは事故だけの話ではない。今の日本は、現実を調べず、無意識に「感じたまま…

この記事は有料記事です。

残り1491文字(全文1728文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです