メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

中東へ増派「1500人」 「大半は防御的」 報道より小規模

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は24日、緊張の続く対イラン関係を理由に中東地域に「米軍約1500人を追加派遣する」と発表した。国防総省によると、既に派遣されている地対空ミサイル「パトリオット」の運用要員600人の任期延長も含む。米メディアは5000~1万人の増派を検討していると報じていたが、それよりも著しく小規模。トランプ氏はホワイトハウスで記者団に「大半が防御的な措置だ」と強調した。

 派遣は中東地域を管轄する中央軍司令部の要請に基づくもの。警戒監視のための有人・無人偵察機や戦闘機の部隊が主となる。シャナハン国防長官代行は同日、派遣方針を議会に通知。声明で「イランの脅威が続いている。派遣は将来の敵対行為を防ぐためのものだ」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです