メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『偶然の聖地』 著者・宮内悠介さん

 ◆著者・宮内悠介(みやうち・ゆうすけ)さん

 (講談社・1782円)

国境越え「バグ」を巡る旅

 秋のあとに訪れる一時的な短い春、米サンフランシスコの子供部屋で見つかったミイラ、世界を修復する「世界医」--。国境を越えて起きる不可解な現象が次々と登場し、読者を混沌(こんとん)とした仮想世界に連れ出す。「これまでは計画を立てて書いてきたが、今回は偶然の赴くままに書いた。自分の散歩の過程がそのまま本になってしまったような不思議な手応えがある」

 月刊誌『IN POCKET』(講談社)の連載をまとめた長編小説だが、当初編集者からは「エッセーと小…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文989文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです