メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『偶然の聖地』 著者・宮内悠介さん

 ◆著者・宮内悠介(みやうち・ゆうすけ)さん

 (講談社・1782円)

国境越え「バグ」を巡る旅

 秋のあとに訪れる一時的な短い春、米サンフランシスコの子供部屋で見つかったミイラ、世界を修復する「世界医」--。国境を越えて起きる不可解な現象が次々と登場し、読者を混沌(こんとん)とした仮想世界に連れ出す。「これまでは計画を立てて書いてきたが、今回は偶然の赴くままに書いた。自分の散歩の過程がそのまま本になってしまったような不思議な手応えがある」

 月刊誌『IN POCKET』(講談社)の連載をまとめた長編小説だが、当初編集者からは「エッセーと小…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです