メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

平幕の朝乃山、初優勝 三役未経験では58年ぶり

朝乃山(右)が豪栄道を寄り切りで破る=宮間俊樹撮影

14日目(25日・両国国技館)

 平幕の朝乃山が大関・豪栄道を寄り切りで破って12勝2敗とし、3敗だった横綱・鶴竜が関脇・栃ノ心に敗れたため、千秋楽を待たずに朝乃山の初優勝が決まった。平幕力士の優勝は昨年初場所の栃ノ心以来。三役未経験では1961年夏場所の佐田の山(後の横綱)以来、58年ぶり。2017年秋場所の新入幕から所要11場所での初優勝は、年6場所制になった58年以降の入幕では、貴花田、曙に並んで8位のスピード記録。富山県出身では1916年夏場所の横綱・太刀山以来、103年ぶり。

 栃ノ心は10勝目を挙げ、来場所の大関復帰が決まった。大関から関脇に陥落した場所の特例として、10勝…

この記事は有料記事です。

残り2431文字(全文2725文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです