メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

誰もがそれを知っている 誘拐であらわになる、被害者たちの心の闇

 「別離」、「セールスマン」とアカデミー外国語映画賞を2回も受賞したアスガー・ファルハディ監督の新作。今回の舞台は監督の出身地のイランではなく、スペイン。主演にはペネロペ・クルス、ハビエル・バルデムと2人のトップスターを迎え、昨年のカンヌ映画祭の幕開けを飾った作品です。

 静かな始まりです。妹の結婚式に出席するため、アルゼンチンに暮らすラウラがスペインに帰国した。同行する子供たち、特に姉のイレーネは親戚の子供に会って大喜び。結婚祝いに集まった人のなかにはワイン農園を営むパコもいますが、このパコが幼なじみのラウラに向ける視線から、この2人には昔何かあったかのような気配が漂います。

 映画は教会での結婚式、その後のお祝いを描きます。イレーネがいたずらをしてまわるほかには目立ったでき…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです