メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
藤原帰一の映画愛

誰もがそれを知っている 誘拐であらわになる、被害者たちの心の闇

 「別離」、「セールスマン」とアカデミー外国語映画賞を2回も受賞したアスガー・ファルハディ監督の新作。今回の舞台は監督の出身地のイランではなく、スペイン。主演にはペネロペ・クルス、ハビエル・バルデムと2人のトップスターを迎え、昨年のカンヌ映画祭の幕開けを飾った作品です。

 静かな始まりです。妹の結婚式に出席するため、アルゼンチンに暮らすラウラがスペインに帰国した。同行する子供たち、特に姉のイレーネは親戚の子供に会って大喜び。結婚祝いに集まった人のなかにはワイン農園を営むパコもいますが、このパコが幼なじみのラウラに向ける視線から、この2人には昔何かあったかのような気配が漂います。

 映画は教会での結婚式、その後のお祝いを描きます。イレーネがいたずらをしてまわるほかには目立ったでき…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1624文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 京都みなみ会館 再出発 南区・旧銀行を改築、23日オープン 名物のオールナイト上映も /京都

  4. 小倉昭和館 創業80年 記念の無料上映会、250人来場 経営危機乗り越え「皆様のおかげ」 /福岡

  5. 「ハイパーカミオカンデ」建設へ 文科省が概算要求へ 岐阜・飛驒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです