メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダイアナ妃や仏大統領、ポールも…「相撲外交」強力なツールに

元ビートルズのポール・マッカートニーさんの新作アルバムの発売を伝える懸賞旗=福岡市博多区の福岡国際センターで2013年11月21日午後5時45分、徳野仁子撮影

 大相撲の本場所はこれまでも「外交」の舞台となったことがある。

 好角家として有名なシラク仏大統領(当時)は国賓として訪日した1996年、本人の強い希望で九州場所を観戦。知日派であることを大いにアピールした。当時、フランスが95年に核実験を再開させたことから日本でもくすぶっていた反仏感情を和らげる狙いもあったようだ。

 2000年には名古屋場所を観戦してから九州・沖縄サミットに出席。ワーキングランチで、大相撲について…

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです