メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダイアナ妃や仏大統領、ポールも…「相撲外交」強力なツールに

元ビートルズのポール・マッカートニーさんの新作アルバムの発売を伝える懸賞旗=福岡市博多区の福岡国際センターで2013年11月21日午後5時45分、徳野仁子撮影

 大相撲の本場所はこれまでも「外交」の舞台となったことがある。

 好角家として有名なシラク仏大統領(当時)は国賓として訪日した1996年、本人の強い希望で九州場所を観戦。知日派であることを大いにアピールした。当時、フランスが95年に核実験を再開させたことから日本でもくすぶっていた反仏感情を和らげる狙いもあったようだ。

 2000年には名古屋場所を観戦してから九州・沖縄サミットに出席。ワーキングランチで、大相撲について…

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文917文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです