メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相のトランプ氏「接待外交」は有効か 貿易交渉で譲歩迫られれば批判強まるのは確実

炉端焼き店での夕食会を楽しむ(左から)メラニアさん、トランプ米大統領、安倍晋三首相、昭恵さん=東京都港区で2019年5月26日午後6時16分、藤井達也撮影

 安倍晋三首相は26日、トランプ米大統領をゴルフ、大相撲観戦、高級炉端焼き店での夕食会を通じて終日もてなした。各国首脳がトランプ氏との関係に苦心する中、蜜月ぶりを内外にアピールしたが、野党からは「やり過ぎだ」との声も上がる。「接待外交」は有効なのか。【鈴木一生】

 トランプ氏「実り多い一日だった。相撲はずっと観戦したいと思っていたが、実に素晴らしかった」

 首相「炉端焼きでリラックスしながらさまざまな意見交換をしたい」

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  5. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです