メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

毎日新聞のインタビューに応じる姜昌一・韓日議員連盟会長=ソウル市内の国会議員会館で2019年5月24日、渋江千春撮影

 徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決(昨年10月)を受けた対応策を先送りする韓国の文在寅(ムンジェイン)政権に対し、早期対応を促す声が韓国内でも高まっている。これを受けて与党「共に民主党」重鎮からも財団方式での救済案を検討するよう求める案が浮上しているが、文政権は日韓での「政治的妥結」につながる財団案について、慎重姿勢を崩していない。【ソウル堀山明子】

 救済案を提起する与党の重鎮で、韓日議員連盟会長を務める姜昌一(カンチャンイル)議員は、日本側が確定…

この記事は有料記事です。

残り2061文字(全文2295文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 拳銃強奪容疑者、電車で逃走図る ICカード不具合で入れず
  4. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです