メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

毎日新聞のインタビューに応じる姜昌一・韓日議員連盟会長=ソウル市内の国会議員会館で2019年5月24日、渋江千春撮影

 徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決(昨年10月)を受けた対応策を先送りする韓国の文在寅(ムンジェイン)政権に対し、早期対応を促す声が韓国内でも高まっている。これを受けて与党「共に民主党」重鎮からも財団方式での救済案を検討するよう求める案が浮上しているが、文政権は日韓での「政治的妥結」につながる財団案について、慎重姿勢を崩していない。【ソウル堀山明子】

 救済案を提起する与党の重鎮で、韓日議員連盟会長を務める姜昌一(カンチャンイル)議員は、日本側が確定…

この記事は有料記事です。

残り2061文字(全文2295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです