メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

中国当局に厳しく監視される左派学生 ハイテク網で学内監視 天安門事件30年

北京大の校門に設置された顔認証による通行ゲート=河津啓介撮影

 中国当局に厳しく監視される左派学生たちへの取材は困難を極めた。取材対象の学生が拘束される恐れがあり、当局に知られないよう秘密裏に接触しなければいけなかったからだ。

 「文書による取材なら可能だ。仲間がまだ拘束されており、不安を分かってほしい」。4月初め、学生側から最初の返事が届いた。互いに使用したのは、海外の暗号化メールサービス。取材を計画して1カ月ほどが過ぎていた。

 最終的に4人が取材に応じ、うち2人が昨年夏、深せんでの労働争議に現地で参加していた。やり取りは暗号…

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1115文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです