メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」 アジア映画「万引き家族」に続き2年連続

パルムドールのトロフィーを前に記者会見するポン・ジュノ監督=フランス・カンヌで2019年5月25日、小林祥晃撮影

 【カンヌ小林祥晃】フランスで開催された第72回カンヌ国際映画祭で25日(日本時間26日未明)、コンペティション部門の授賞式が行われ、最高賞のパルムドールに韓国のポン・ジュノ監督の「パラサイト」が選ばれた。韓国人監督の作品がパルムドールを受賞するのは初めて。

 昨年は是枝裕和監督の「万引き家族」がパルムドールを受賞しており、アジア映画が2年連続で最高賞に輝いたことになる。

 ポン監督は、韓国映画界の「鬼才」と言われ、日本でもなじみは深く、「オクジャ」(2017年)、「母なる証明」(09年)、「グエムル 漢江の怪物」(06年)などの作品で知られる。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  2. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです